事例

綿密な準備を重ねて開業したダイニングバー

創業スクールを起点とした支援機関の連携による開業支援

創業者様が開業したのは中華料理と珍しいお酒が楽しめるダイニングバーです。創業者様は開業前に、中華料理専門店やホテル等にて料理の腕を磨いていましたが、「健全な食材を使った料理でお客様に心も体も満足してもらいたい」という思いの高まりから開業を志し、当金庫が主催する創業スクールを受講なさいました。スクールではマーケティングや資金計画に関する基礎知識の習得や、人脈作りに関するサポートを実施しました。スクール修了後、1年の準備期間を経て当金庫に開業の具体的な相談にいらっしゃった際には、創業計画書の策定支援に加えて、よろず支援拠点等の支援機関とも連携して、一緒に課題の解決に取り組みました。創業スクールから数えると2年間、伴走支援を続け、綿密な準備を重ねて開業に至りました。

信用金庫の支援内容

創業スクールを起点とした細やかなサポート
第一線で活躍する講師陣を招聘し、マーケティングや資金計画に関する基礎知識の習得をサポート。スクール終了後も継続して相談に応じている。
創業計画書の策定支援
創業計画書の作成に不慣れな創業者様に対し、外部支援機関とも連携して策定をサポート。

この事例を担当した信用金庫

コザ信用金庫
信用金庫の情報を見る

フォームから簡単に問い合わせ

この事例について問い合わせる