事例

日本政策金融公庫との協調融資で実現した桑名市内飲食店の開業事例

伴走支援による飲食店の開業とフォロー訪問による経営力強化

 創業者様は三重県内の料理店で約10年間の勤務経験を積み、今回の飲食店の創業に至っております。創業を考えておられる際に、桑名商工会議所が主催する創業支援窓口「くわな創業支援 ゆめはまネット」へ創業相談に来所されました。「くわな創業支援 ゆめはまネット」の構成機関である当金庫も創業支援に加わって伴走支援が始まり、連携先である日本政策金融公庫と協調して開業資金の支援を行いました。
 創業者様は勤務時代の人脈から仕入れルートを確保しており、食材は主に地元三重県のものを活用されております。新鮮な季節の野菜を使ったおばんざいと和食をメインに、様々なお酒に合う料理や趣向を凝らしたご飯もの等、品揃えを充実させることにより、幅広いお客さまのニーズに応えられる飲食店を目指しておられます。当金庫は、主に計数面で事業が軌道に乗るよう、メニュー価格の設定など資金計画のアドバイスをさせていただきました。
 当庫は、創業後も定期的にフォロー訪問を行い、課題解決に向けた支援や顧客拡大の伴走支援を実施し、中小企業の良きパートナーとして地域経済を支えていきます。

信用金庫の支援内容

創業計画書の策定支援
創業時に必要な創業計画書の策定は、創業者にとっては難しい取り組みです。創業者様がお考えになっている素晴らしいアイデアを、創業計画書に落とし込む作業を伴走支援させて頂きました。
創業後の伴走支援
創業時の資金計画については仕入の原価や店舗の回転率、メニューの価格等を慎重に考え、売上が確保できる様計画を立案しました。創業後も定期的にフォロー訪問を行い、計画との乖離が無いか、乖離がある場合は課題はどこにあるのか等を共に考え、課題解決に向けての支援を行っております。また、新型コロナウイルス感染症対策の補助金等の資金繰り面での支援に加え、新メニューの開発についても専門家を紹介し、更なる顧客拡大を図る事ができる様、伴走支援を行っております。

この事例を担当した信用金庫

桑名三重信用金庫
信用金庫の情報を見る

フォームから簡単に問い合わせ

この事例について問い合わせる