事例

地元に笑顔を届けたいケーキ屋の開業事例

初めての店舗開業を伴走型にてサポート

創業者様との出会いは、当金庫の取引先事業主(パン製造販売業)から創業を検討中の息子がいるということで紹介を受けたのがきっかけでした。当時は福岡市内の洋菓子店(ケーキ屋)に勤務しておられ、配偶者様も福岡市内のカフェ店にお勤めされていたことから、お二人とも接客には自信をお持ちでした。創業のきっかけは「自分の腕でどこまでお客様を笑顔に、そして幸せにできるかチャレンジしたい」との思いからでした。当金庫はその思いにお応えするため、資金支援を中心に、販路拡大や財務についてアドバイスやサポート行いました。創業者様は分からないことは自分で調べるだけでなく当金庫の担当者に熱心に質問されるなど事業に対する熱意が感じられ、自己資金を計画的に準備されていたことから真面目さも伺えました。創業時の実現可能な事業計画の策定や創業後の取組事項にも真剣に取り組んでいただき、現在では地域の行事への参加やSNSを使った口コミ戦略が功を奏し、当初の事業計画を上回る業績を上げ、お客様も着実に増加している状況にあります。

信用金庫の支援内容

創業計画書の策定支援
初めて創業計画書を作るにあたって、数字の計画性や見込みを業界研究や商圏分析を用いて現実味のある計画書の作成のサポートを行いました。
財務・販路拡大支援
粗利益の創出やロスを減らすために、原価計算の重要性のアドバイスや確定申告のやり方について近隣の税理士を紹介、顧客への認知拡大のために、地域行事への参加や情報誌への掲載等のアドバイスを積極的に行いました。

この事例を担当した信用金庫

大牟田柳川信用金庫
信用金庫の情報を見る

フォームから簡単に問い合わせ

この事例について問い合わせる