事例

亡き父の味を継承・復活させ地域密着型のお弁当屋の創業支援

日本政策金融公庫との連携《協調融資・伴走支援》

 創業者様の実家は、味噌煮込みうどん屋を40年ほど経営しておりましたが、経営者である実父の他界をきっかけに店を閉めることになりました。「味噌」の味には当時のお得意様から支持を頂いており、復活の声も多くある事から「味噌」の味を活かした、味噌おでん、味噌かつなどのお弁当を提供したいと思い、開業を決意するに至りました。
「亡き父の味を継承、復活させて、地元の方に喜んでもらえるお弁当を提供したい」という創業者様の熱い思いに共感し当金庫が全面的にサポートする事となりました。
 当金庫は日本政策金融公庫と事業計画書の策定や愛知県信用保証協会の女性創業者支援チーム「アイリス」の担当者のサポートを受けるなど、協調融資を行い創業者様に寄り添う伴走型支援を行いました。
 令和4年1月創業後、既に法人向けのお弁当宅配は数社打診されており、宅配弁当にも注力すべく営業活動も並行して実施しております。
 ワンコイン500円という価格設定の日替わり弁当や、女性に喜んでもらえるようなメニューの構築、大盛りへの対応など女性経営者として弁当に対するきめ細かいサービスを念頭に、前日までの日替わり弁当予約は450円と顧客確保においても工夫をしております。
 当金庫は、今後も『地域のための信用金庫』として、創業予定者様の夢の実現に寄り添った創業支援に全力で取組んで参ります。

信用金庫の支援内容

創業計画書の策定支援
事業計画書の作成に不慣れな創業者に対して、創業計画策定支援。愛知県信用保証協会:女性創業者支援チーム「アイリス」のきめ細かなサポート
日本政策金融公庫との協調融資
創業に向けた運転・設備資金の資金調達を当金庫と日本政策金融公庫との協調融資で対応。

この事例を担当した信用金庫

尾西信用金庫
信用金庫の情報を見る

フォームから簡単に問い合わせ

この事例について問い合わせる