事例

老舗の想いを引き継いだ模型店の開業支援事例

閉店した老舗模型店の常連客が新たな店舗を開店

 当金庫の支店のある山形市で長年親しまれてきた模型店が閉店することになり、幼いころからこの店の常連だった創業者様は、「プラモデルファンから愛される店を残したい」との思いから、ご自身で店舗を開くことを決意されました。
 開業資金についてご相談を受けた当金庫は、山形県の制度融資を活用し、創業者様の金利負担を抑えながら融資を行いました。また、事業計画の策定についても、積極的にアドバイスを行いました。
 店舗の場所は変わりましたが、旧店舗のオーナーから買い受けた商品やショーケースなどはそのまま残っており、旧店舗の常連客からも親しまれるお店になっています。また、インターネットでの販売やSNSでの情報発信など、新たな取組みも進められています。
 当金庫は、夢を追いかける創業者様を全力でサポートいたします!

信用金庫の支援内容

開業資金のご融資
山形県の制度融資「山形県商工業振興資金」を活用することで、創業者様の金利負担を抑えながら融資を行いました。
事業計画の策定支援のほか開店準備もお手伝い
事業計画の策定について、積極的なアドバイスを行いました。特に販売計画は、旧店舗オーナー様からも情報を得て、商品種類別(プラモデル、塗装用品、モデルガンなど)の詳細なものを作るお手伝いをしました。
また、開店準備において創業者様の必要に応じて内装業者(当金庫取引先)のご紹介等も行いました。

この事例を担当した信用金庫

米沢信用金庫
信用金庫の情報を見る

フォームから簡単に問い合わせ

この事例について問い合わせる