事例

空間の見えるを安心へ 空間モニタリングシステム 「no-miz」

創業前のビジネスモデル構築から研究開発・事業化までを一貫サポート(株式会社ゼロワン様サポート事例)

株式会社ゼロワン様が取り組む事業は、VR技術とLiDARセンサ(赤外線センサ)、空気環境測定技術の融合によって空間をタイムリーにモニタリングし、コロナ禍における目に見えない感染リスクを3Dデジタルツインで可視化するサービスです。
代表者は、浜松いわた信用金庫が主催する創業者のためのプログラム「創業スクール」卒業生であり、起業前から経営に係る基礎知識の習得やビジネスプランのブラッシュアップサポートを実施させていただきました。現在の株式会社ゼロワン様の事業開発におけるコンソーシアムは、創業スクールコミュニティで形成されています。
開発段階においては、プロトタイプの精度検証のため、当金庫が運営するイノベーションハブ拠点(Co-startup Space & Community FUSE)を実証実験実施場所として提供し、実験と改良にご協力させていただきました。
また、事業化面においては、メディアの紹介や行政・支援機関等が実施するイベント・ビジネスプランコンテスト等への推薦や申請サポートによるプロモーションのご支援とエクイティに係るサポートとしてベンチャーキャピタルを介した事業内容のブラッシュアップやエンジェル投資家コミュニティの紹介等を実施しています。
現在は、FUSEをメンバーとして利用いただいており、常駐する当金庫職員が日々コミュニケーションをとりながら、サポートさせていただいております。

信用金庫の支援内容

ビジネスプランの継続的なブラッシュアップ支援とアライアンス先等のご紹介
浜松いわた信用金庫が運営する「Co-startup Space & Community FUSE」において、日々コミュニケーションをとりながら、ビジネスプランのブラッシュアップや大学等アライアンス先のご紹介、タイムリーな課題に対しての解決案のご提示等を実施させていただいております。
資金調達に係る支援
当金庫ファンド担当者による資金調達についてのノウハウ提供やベンチャーキャピタル及びエンジェル起業家のご紹介等を実施させていただいております。

この事例を担当した信用金庫

浜松いわた信用金庫
信用金庫の情報を見る

フォームから簡単に問い合わせ

この事例について問い合わせる