利用規約

第1条(本サービス)

 「しんきん創業の扉」(以下「本サービス」といいます。)は、信金中央金庫(以下「本中金」といいます。)が運営する、創業を検討中または創業間もない個人または中小企業等(以下「利用者」といいます。)向けの情報提供サービスです。
 情報提供を通じて、創業支援を実施するとともに利用者と各地の信用金庫を繋げることを目的としています。

第2条(適用範囲)

  1. 本規約は、利用者との間に適用されるものとします。
  2. 利用者は、本サービスに掲載された情報および機能を利用した時点で、本規約に同意したものとみなします。
  3. 本サービスの利用に関し、本中金が本規約以外の利用条件・注意事項等を定めた場合、本規約と一体をなすものとします。

第3条(個人情報)

 本中金は、本サービスにおいて、知り得た利用者の情報のうち、単独または他の情報と容易に照合し、個人を特定できる情報を個人情報として、本中金の「個人情報保護宣言」に従い取り扱うこととします。

第4条(禁止行為)

 利用者が本サービスを利用するにあたり、以下の行為を行うことを禁止します。

  1. 法令等に違反する行為または違反するおそれのある行為
  2. 他者の著作権や商標権その他権利を害する行為または害するおそれのある行為
  3. 本中金または第三者に不利益・損害を与える行為
  4. 公序良俗に反する行為
  5. 本サービスから入手した情報を複製、販売、出版その他私的利用の範囲を超えて使用する行為
  6. 本サービスにて取得した情報について、第三者へ提供または譲渡する行為
  7. コンピュータウイルス等の有害なプログラムについて、本サービスを通じて他の利用者に送信する行為
  8. 本サービスのネットワークまたはシステム等に過度な負担をかける行為
  9. 他人のメールアドレスを登録するなど虚偽の情報を申告・届け出る行為
  10. その他、本中金が不適当と判断する行為

第5条(著作権)

 本サービスで提供している記事、写真およびイラスト等の各種掲載情報に関する著作権は、本中金または情報提供者(信用金庫および本中金業務提携先等)に帰属します。利用者は、これらの情報の複製および頒布等、再利用できないものとします。

第6条(掲載情報の取扱い)

 本サービスの掲載情報について、予告なく変更、移転および削除等が行われることがあります。

第7条(サービスの中断)

 本中金は、以下に該当するときに、利用者への事前の通知なくして本サービスを一時的に中断できるものとします。

  1. 本サービスにおいて保守上または工事上やむを得ない場合
  2. 利用者の用意したアプリケーション、ハードウェア、データ等の障害もしくは保守など、利用者事由による場合
  3. 第三者による事由により本サービスの提供継続が困難になった場合
  4. 天変、事変、その他の非常事態が発生もしくは発生する恐れがある場合
  5. 本サービスを不正アクセス行為から防御するために必要な場合
  6. 本サービスの提供の全部又は一部を中断することが望ましいと客観的かつ合理的理由により判断した場合

第8条(利用停止・制限等)

  1. 本中金は、本サービスの一部または全部を終了する場合、事前に利用者に対して本中金所定の方法により公表することとします。ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。
  2. 本中金は、前項に定めるほか、利用者が本規約に違反した場合もしくは違反するおそれがあると本中金が判断した場合、利用者に通知なく、本サービスの利用を停止または制限できるものとします。
  3. 本中金は、本サービスの一部または全部の終了に伴い、利用者または第三者に発生する損害については、一切の責任を負わないものとします。

第9条(免責事項)

  1. 本中金は、本サービスの掲載情報について、正確性、完全性および信頼性等何ら保証するものではありません。
  2. 利用者が本サービスを利用することにより生じた損害について、本中金は一切の責任を負わないものとします。ただし、本中金の故意または重過失により生じた事項については、この限りではありません。
  3. 利用者は、本サービスにおけるリンクまたはその他の機能により導かれる第三者が運営するインターネットサイトに接続すること、および当該接続先において発生する事象等について、自ら責任を負うものとし、本中金は、当該利用者の行為およびその結果について何ら責任および義務を負わないものとします。

第10条(規約の変更)

  1. 本中金は、本規約の内容を利用者に対して事前に通知することなく、任意に変更できるものとします。
  2. 本中金は、本規約を変更したときには、一定の予告期間を設け(ただし、利用者の一般の利益に適合する場合を除きます。)、本中金所定の方法で公表することにより、当該変更後の本規約を利用者に通知するものとします。
  3. 前項の変更日以降は、変更後の内容に従い取り扱うこととします。
  4. 本中金の故意または重過失により生じた事由を除き、本中金の任意の変更によって損害が生じたとしても、本中金は責任を負わないものとします。

第11条(合意管轄)

 本規約・本サービスに関する紛争については、本中金(本店)の所在地を管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第12条(準拠法) 

 本規約の準拠法は、日本法とします。

2021年7月1日制定